妊娠確率を上げるために

肩を組む夫婦

妊娠を希望している人は妊娠するための仕組みを知っておくといいでしょう。
女性には排卵日という日があり、その日とその日の前後は妊娠しやすいといわれているのです。
なので妊娠したい人やそこで子作りをすると妊娠する確率は高くなりますが、毎回妊娠できるというわけではないです。

子作りを初めて半年で81%、一年で92%という確率になっているのです。
1回の子作りでは20%の確率となるでしょう。
しかもこの確率は健康上問題のない男女に限るのです。
何も計算せず妊娠する場合もありますが、女性は自分の排卵日を知ることから始めるといいでしょう。
排卵日を知る方法として、排卵検査薬を使う方法があるのです。
尿をかけて知ることができるのです。

排卵検査薬の使い方について


排卵の直前におこる黄体形成ホルモンの分泌の急上昇を確認して排卵日を知ることができるのです。
排卵日の直前になると黄体形成ホルモンの数値はあがり、ピークになった時から24時間以内に排卵は起きるのです。
自分の生理周期が大体わかる人は、排卵日前の5日前から毎日同じ時間に排卵検査薬を使用することが重要です。
検査薬に尿をつけて線がでることで、陰性と陽性の反応を見て確認するのです。
排卵検査薬は通販でも購入することが可能です。
この方法以外に、基礎体温をつけて自分の健康状態を知る方法があるのです。
基礎体温には低温期と高温期があり、生理が始まったら低温期に入り、排卵日の日にはガクッと体温が下がってから高温期にはいるようになるのです。

妊娠検査薬の使い方について


生理になると再び体温は下がるのですが、そのまま高温期を保つようでしたら妊娠の可能性があるのです。
しかしただ遅れているだけということもあるので、妊娠検査薬を使用する人もおおいでしょう。
妊娠検査薬とは検査薬のスティックに尿をかけて陰性と陽性を確認するものです。
検査するのが早すぎてちゃんと結果が知れないということもあるので、早く知りたい場合は早期発見妊娠検査薬を使用するようにするといいでしょう。
通常のものを使う場合は、排卵日だったと思う日から10日後に検査すれば反応がでるでしょう。
着床してもそのまま化学流産することもあるのです。
もし陽性検査が出た場合は、もう一度病院で確認してもらうようにしましょう。

オススメリンク

検知精度は変わらない

第1類医薬品に分類されてしまい、気軽に購入することができなく…Read more

国産は特定薬局でしか買えない

排卵検査薬は、排卵の時期が1日から2日前に分かる検査薬です。…Read more

外国産の方が安価

妊娠検査薬は、ドラッグストアやスーパーの薬品コーナー、コンビ…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

    国産は特定薬局でしか買えない

    排卵検査薬は、排卵の時期が1日から2日前に分かる検...

    Readmore

    外国産の方が安価

    妊娠検査薬は、ドラッグストアやスーパーの薬品コーナ...

    Readmore

    検知精度は変わらない

    第1類医薬品に分類されてしまい、気軽に購入すること...

    Readmore